FANDOM


Chapter 20 - The Whereabouts of the Deathmatch

From within the flame, the Blue Knight arose. Across its shoulders, Pedro and Princess Tia could be seen clinging, hale and hearty.

What had blown away the raging flames was its tremendous two-handed sword. Spinning the enormous blade like a whirlwind, a butterfly made of flame danced above the Blue Knight's head. It was a fantastical scene.

'Kh... You think that'll work?!'

Harlequin began gesturing again. It seemed he intended to launch another fireball.

'I won't let you!' Pedro cried.

Splitting through the wall of flames, the Blue Knight forced its way forward. In the next moment, Calamity's horned head was cleaved perfectly in two.

'Ahaha... Absolutely...wonderful...'

The fireball, moments from release, puffed up within the crimson puppet and caused a small explosion.

Flung by the shockwave, the Blue Knight was tossed into the air. Pedro braced both legs and managed to catch it.

'Sir Pedro, are you all right?!'

'I'm fine, yeah... But, I don't think there's any saving him.'

Though Harlequin may have been a foe, his was still a life that had been taken. Pedro felt the guilt of such a deed strike him. Princess Tia, seeing Pedro so troubled, enveloped him in her arms.

'...I'd appreciate it if ya wouldn't kill me off so easily,' said a whispering voice from inside the pillar of flames. The voice seemed somehow satisfied.

'I applaud your efforts, young man. I'll back down nicely this time. Looking forward to when we next meet. Ahaha...'

The ground shook and a red and black shadow launched skyward and disappeared from sight.

Pedro and the princess looked at one another and burst into relieved laughter.

第20話 死闘の行方

炎の中から蒼騎士が立ち上がりました。 その肩越しに、ペドロと王女が 元気な姿を覗かせています。

荒ぶる炎を吹き飛ばしたもの。 それは、両手持ちの大剣でした。 幅広の刃を、風車のごとく回転させると 蒼騎士の頭上に、火焔の蝶が舞い散ります。 それは、あまりに幻想的な光景でした。

『くっ、そんなものでッ!?』 ハーレクインは、両手で印を組みました。 ふたたび火球を撃ち出すつもりでしょう。

『させるもんか!』 紅蓮をかき分けながら 蒼騎士がカラミティに迫りました。 次の瞬間、角の生えた頭部が まっぷたつに断ち割られました。

『うふふ……見事……だよ………』 発射寸前だった火球が膨れあがって 小規模の爆発を引き起こしました。 爆風に煽られ、浮きあがる蒼騎士。 ペドロは両脚をふんばって なんとか無事に着地させました。

『ペドロ様、大丈夫ですか!?』 『僕の方はなんとも……でも、あいつは助からないでしょう』 敵とはいえ、命までも奪ってしまった。 その罪悪感に打ちひしがれるペドロ。 ティーア姫は、そんなペドロの背中を 包み込むように抱きしめました。

『……勝手に殺してもらっちゃ困るなぁ』 火柱の中から、囁くものがありました。 それは、どこか満ち足りたような口調でした。 『今回は、大人しく引き下がってあげる。次に会うときが楽しみだよ。うふふ……』 地響きとともに 赤黒い影が、火柱の向こう側に 去って行く気配がしました。

ペドロと王女は顔を見合わせて 弾かれたように笑い声をあげました。