FANDOM


Chapter 13 - Saying Goodbye

'I offer myself to you. In return, I command you to cease this senseless violence!'

At Princess Tia's bold words the puppeteer licked his lips loudly.

'You'd offer yourself in place of your guard? Heh heh heh, why, you bring tears to my eyes, Princess.'

'Y-You mustn't, Lady Tia...'

Barely conscious, Pedro desperately tried to put words together. He had not the energy to use ventriloquism.

'My master... Pedro is fine. Leave it to him... Hurry, run...'

'Sir Pedro. Silence.'

At the princess' angry words, Pedro managed to open his eyes fully, for those words were addressed most surely to he, still garbed and acting the servant.

'You... You knew...?'

'I'm sorry. I pretended not to notice.'

The princess smiled in a sad, lonely way then turned to the puppeteer again with a dignified expression.

'Now, take me to my uncle.'

'My, oh, my, what a princess you are. I bet you would have made quite the queen, too.'

The demon slowly stretched out its right arm. When the princess stepped on, it began to beat its crimson wings.

'Sir Pedro, thank you so much. This last week was very fun...'

These words of goodbye sunk into his brain.

As he watched the scarlet shadow be swallowed into the blue sky, Pedro's consciousness slowly faded into darkness.

第13話 別れの挨拶

  『この身をあなたに預けます。そのかわり、これ以上の暴挙は許しません!』   凛としたティーア姫の言葉に 人形師は、音を立てて舌なめずりしました。 『護衛ごときを、身を挺してかばうの?うふふーん、泣かせるお姫様じゃないか』   『い、いけません、ティーア様……』 ペドロは気が遠くなりながら 必死になって言葉を絞り出しました。 腹話術を使っている余裕などありません。 『僕の主人なら……ペドロなら平気です。彼にまかせて……はやく逃げて………』   『ペドロ様。黙っててください』 どこか怒ったような王女の口調に ペドロはまじまじと、目を見開きました。 その呼びかけは、間違いなく 従者を装っていた彼に向けられたもの だったからです。   『ま……まさか?』 『ごめんなさい。気付かないふりをしていました』 王女は、さみしそうに微笑んでから おごそかな表情で人形師に向き直りました。   『さあ、叔父上の所に連れていきなさい』 『やれやれ、大したお姫様だなぁ。さぞかし立派な女王様になっただろうに』 悪魔は、うやうやしく右腕を差し出しました。 王女を載せると、紅の翼が羽ばたき始めます。   『ペドロ様、ありがとうございます。この1週間、とっても楽しかった……』 別れの言葉が脳裏に染み入ります。   緋色の影が、青空に吸い込まれるの見ながら ペドロの意識は、闇に沈んでいきました。