FANDOM


Chapter 12 - The Crimson Demon

The demon doll 'Calamity' kicked the ground and launched itself into the air, closing the gap in an instant.

Pedro reacted just a moment too slow, so intent was he on not wanting the princess to notice. It was the tiniest of openings, but it was one that would prove fatal.

First, the sword was knocked from clockwork hands. Then, the claws continued to dig in, cutting through the blue armor like butter.

'Oh, my, what's wroooong?'

The tail whipped in, encircling the Blue Knight. With a twitch of the puppeteer's fingers the tail tightened, crushing both the knight's arms.

'Khehe, caught youuuuuu.'

The claws grabbed the Blue Knight by its feathered helm and lifted it up off its feet.

'S-Stop!'

The first puppet he'd made, that he'd put so much effort into, was being torn to pieces...

Pedro lost himself for a moment and ran forward.

'You are so impatient. No need to worry, I was going to give him back.'

The crimson demon held the Blue Knight high and threw it down towards Pedro.

'Ghh...!'

The Blue Knight crashed into Pedro and bowled him over. He lay in a crumpled heap upon the lawn under the body of the puppet.

'Please, stop!'

The princess stepped between the fallen pair and the masked puppeteer, her arms spread wide.

'I offer myself to you. In return, I command you to cease this senseless violence!'

第12話 紅蓮の悪魔

悪魔人形《カラミティ》が地を蹴りました。 反動をつけて、一瞬で間合いを詰めてきます。

ペドロの反応が、ほんの少し遅れました。 後ろの王女に悟られたくなかったからです。 そこに生じた、わずかなスキが致命的でした。

まず、剣が宙にはじかれました。 続いて、凶爪が立て続けに叩き込まれ 青い胸甲がバターのように抉られました。

『ほーら、どうしたのさぁ?』 尻尾がしなり、すらりとした両腕が ぐしゃりと無残に潰されました。 『くふふ、捕まえた♪』 鉤爪が、羽根飾りの兜を鷲掴みにすると 蒼騎士の爪先が、大地から離れていきました。

『や、やめろぉぉっ!』 丹精こめて作った初めての人形が めちゃくちゃに壊されてしまう…… ペドロは、我をわすれて駆け寄りました。

『せっかちさんだなぁ。心配しないでも、返してあげるのに』 紅い悪魔は、蒼騎士を高々と持ち上げ ペドロに向かって投げ飛ばしました。 『ぐふっ……』 全身を衝撃が襲って、ペドロと蒼騎士は おり重なるように芝生に叩き付けられました。

『もう、やめてください!』 王女が、大の字に両手を広げて 人形師の前に立ちふさがりました。

『この身をあなたに預けます。そのかわり、これ以上の暴挙は許しません!』