FANDOM


Chapter 11 - The Devil's Attack

'Lady Tia, stand back!'

Pedro, shielding the princess behind him, sent the Blue Knight forward towards the crimson devil's right arm. It was a blind spot for the masked puppeteer.

With a rapid turn, the knight let loose a heavy strike. The tip of the sword was swallowed up in the base of the creature's wing. The demon's right arm flashed up. Blade and claw scraped, sending sparks into the air.

Losing its balance, the Blue Knight took an unsteady step back. The demon gave a shiver, and a barbed tail thick as a log screamed through the air, striking forward.

Astonished by the technique, Pedro snapped the Blue Knight back, dodging the tail swipe.

'Oh, you ARE good. I didn't think you were in the same business.'

The masked puppeteer spoke not to the Blue Knight but to Pedro.

The Blue Knight, as if to interrupt these words, pointed its sword at the puppeteer.

'What nonsense are you speaking! If you shall not come, than shall I strike first?'

Even now, Pedro tried to hide it.

Princess Tia, with a confused expression, gazed upon the proceeding events.

'I seeeee. So that's how it is...'

The masked puppeteer, as if suddenly realizing the situation, laughed softly.

'My, my. Well, let no one call me rude. If you'd rather not share, I'll stay quiet. But you know...'

The puppeteer's voice dipped low and was tinged with a roiling darkness.

'If you don't even have that much guts, then even thinking you can win against my Calamity is NAIVEEEEEEEEE!!!'

第11話 魔人襲来

『ティーア様、下がって!』 ペドロは、王女を背中にかばいながら 紅い悪魔の右隣に、蒼騎士を走らせました。 仮面の人形師の死角になった場所です。 ふり向きざま、重さをのせた一撃を放ちます。

剣尖は、翼の根元に吸い込まれていきました。 刹那、悪魔の右腕が跳ねあがりました。 刃と爪がこすり合い、火花を散らしました。

バランスを崩して、たたらを踏む蒼騎士。 追い討ちをかけるように、丸太のような尻尾が うなりをあげて襲いかかってきます。

手練#4R てだれ#の技に舌を巻きつつ ペドロは蒼騎士にもんどりを打たせ 尻尾の薙ぎ払いをかわしました。

『キミ、やるじゃない。まさか同業者だとは思わなかったよ』 仮面の人形師は、蒼騎士でなく ペドロに向かって語りかけてきました。

蒼騎士が、その言葉をさえぎるように 人形師に向けて剣を突き付けました。 『何をぶつくさ言っている!来ないとあらば、こちらから参るぞ?』 この期におよんで、ペドロはシラを切りました。 ティーア姫は、不思議そうな顔をして 一連の奇妙なやりとりを眺めていました。

『なーるほど。そういうことか……』 人形師は、事情を悟ったようで くすくす笑いました。 『ボクだって野暮じゃない。内緒にしたいのなら黙っててあげる。でもさぁ……』 人形師の声音が、黒い響きを帯びました。

『そんな腑抜けた根性でボクの《カラミティ》に勝とうだなんて甘すぎるんだよぉぉぉっっっ!!』