FANDOM


【速報】クロスベル視察団、緊急発表           
 5月19日、帝国政府とクロスベル総督府が突如、帝国本土
からの特別視察団がクロスベルを来訪することを共同発表した。
日程は5月20日から一週間ほどになる見込みだが、視察団の
メンバーは直前となる現時点でも一切公表されていない。テロ
や共和国軍を警戒しての対応だと思われるが、あまりに徹底し
た情報統制ぶりに「かなりのVIPが来訪するのでは」(本誌
提携・クロスベル通信社)                
                            
◆帝国本土・現地の対応は◆               
 既に帝国内の大陸横断鉄道では、お馴染み鉄道憲兵隊による
水も漏らさぬダイヤ調整が始まっている。合わせて定期飛行船
の運航も一部変更される他、クロスベル州内ではバス・鉄道・
水上船などの公共交通機関の調整も始まった。       
 ただし帝国本土から同州への移動制限は発令されておらず、
「週末に家族旅行に行く予定だったので助かります」「話題の
《みっしぃ》と触れ合えれば」(帝都の旅行会社の利用客) 
                            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【技術】導力ネットワーク構想              
 現在、クロスベル市全域で提供されている画像・文字・音声
等を統合的に扱う情報サービスがある。『導力ネットワーク』
というのがその名称で、自治州時代からエプスタイン財団と共
同でテスト運用が始まり、現在同市では欠かせない社会インフ
ラの一つとなっている。                 
 当然、帝国本土での導入も検討されているが、大量のデータ
を扱う都合上、有線ケーブルを地上か地下に張り巡らせる必要
があり、都市景観・コスト面で二の足が踏まれている状況だ。
 しかし昨年からRFグループ主導で鋼都ルーレでの本格導入
が始まっており、運用の手応えは十分だそうだ。「いずれ帝都
や他の州都でも導入できるのではないか」(同社CEO)  
                            
【経済】帝都銀行、中間決算修正を発表          
 5月10日、帝都銀行から中間決算の上方修正が発表された。
ジスカール同行頭取によれば、IBC(クロスベル国際銀行)
との業務提携が想定以上に好調で、当初の予想を大幅に上回り
そうなため緊急発表を行ったとのこと。発表を受けて同行の株
価は一時ストップ高となった。              
                            
【文化】帝国ビエンナーレ、閉幕             
 5月14日、二年に一度の美術祭典『帝国ビエンナーレ』が
幕を閉じた。今回の開催地はクロイツェン州の公都バリアハー
トで、絵画・彫刻・建築における傑作の数々が展示され、市民
や観光客の目を楽しませた。大賞に選ばれたのは新進気鋭の彫
刻家クララ・ヴォーチェの『黎明』。同州統括代理ユーシス・
アルバレア公子からトロフィーを授与された。